1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on October 2017
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Heaven, I'm in heaven ・・・・
c

あ、暑いですねえ・・こう亜熱帯な感じで・・^^;
でも家事の間のBGMがアステアなので心晴れやかです〜♪
「レ・ミゼラブル 輝く光の中で」の中で印象的に使われていた「チーク・トゥ・チーク」は、
ロジャース=アステアコンビの第4作、1935年「トップ・ハット」の中の大事な1曲。

天国にいる気分だ
さっきまでの悩みなどまるで嘘のように消えて行く
君と頬寄せて踊るとき・・・

君を抱きしめてずっと踊ろう
君の魅力が 
僕を天国にいる気分に
君と頬寄せて踊るとき 
最高にしあわせな気持ち

tophat

アステアってほんとエレガントですねえ。夢心地・・
踊っても歌ってもなんて優雅なんでしょう。
Heaven〜のHeの入り方!まさにダンスに入るときの、あの間なんですよねぇ。

劇中、「静かな崇拝者より」なんて書いてお花贈るんですけど、
今崇拝者なんて死語かもしれませんね^^;
文学的でロマンティックなのに・・
下手するとス○ーカーになっちゃう。
困ったもんだ(笑)
雑談 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
武田さん、おはようございます。

湿気が多いですよね、今週一杯このような気候のようです、、、ハァ〜。

アステア素敵です!ホント、優雅ですよね。
武田さんのいう”間”、、わかります、わかります、溜息ものです。

最近でも時々タップダンスの達人みたいな映像を観る事があるのですが、アステアとは決定的になにかが違ううんです、、、なんとういか、アステアのダンスは地上から足が少し浮いてるかのような軽やかさなんです。
あのような素晴らしいタップはアステア以来お目にかかれていません。

「崇拝者」は、現代はヘタすると、ストーカーですよね(汗)。
人とのある程度の距離間が狂っているのでしょうか?恐い世の中です、、。
Posted by sumisu | 2007/08/30 10:45 AM

sumisuさま、こんばんは♪

雨のせいか、昨日今日と夜は少ししのぎやすいですね♪
あとは湿気が消えてくれれば・・・^^;

>わかります、わかります、溜息ものです。
いやーん、嬉しいです。そうですよね、溜息もの♪
ほんまに優雅でしなやかで・・・なんちゅう間なのでしょう〜
洗練されていますよね。
>なんとういか、アステアのダンスは地上から足が少し浮いてるかのような軽やかさなんです。
そうそう!!私もまさにそう思います♪
ふうわりと軽やかで夢心地ですよねえ。
タップダンスの達人の方たちでも、やっぱりあの軽やかさとは違うのですねえ。すごいですねえ、アステア・・・
踊っていないときの肩や手の動きもやっぱりしなやかですよね。
歌声まで繊細な音楽のようで、ぽわ〜んとなってしまいます♪

で、そうなんですよね。恋に落ちた相手に一生懸命手紙で思いのたけをのべたり、お花を贈ってみたり・・・なんて、とても美しいことなのに、現代では何か大切なものが抜け落ちてしまっていて、すぐにストーカーになってしまうんですよね・・・
>人とのある程度の距離間が狂っているのでしょうか
おっしゃるとおりですわ。微妙な間合い、これ以上立ち入っては失礼だとか、相手の迷惑になるとかその辺の最低限のルールがわからなくなっているのかもしれませんね。手前勝手な思いをぶつけるだけでは違うんだ、というあたりも目茶目茶になってしまってるみたいで・・。困りましたねぇ・・(;_;)
Posted by 武田>sumisuさま♪ | 2007/08/31 9:07 PM

武田さ〜ん、お久しぶりです、unikoです。
ごめんなさいね、最近ブログさぼりっぱなしで。
こちらにも中々、来れず・・・いつも気にはしてるのですが・・・
阪神は快進撃を続けてますよね〜!ああ〜とうとう首位に!

あ、話が反れてしまった、そうそう、アステア様の記事が〜!と飛びついてしまいました!
アステア様の「間」分かります!
アステアの身のこなし、リズムの取り方、歌い方に影響を受けている有名ミュージシャン、ダンサーがどれだけ沢山いるか・・みんなアステアみたいになりたい、と・・・

でも誰も彼の領域には行けないのですよね。それが芸術の高みなんでしょうね。今ではそんな事を思わせる方が少なくなってしまった・・・
「チーク・トゥ・チーク」は、シナトラ様も歌っているけど、アステアの「へぇ〜ぶん〜(夢見るように歌ってはりますね♪)あいむいんへぇ〜ぶん」にはかなわないですね〜。
武田さんのおっしゃる「へぶんの”へ”」(笑)言いたいこと、めっさ分かります!
その代わり「ナイト・アンド・デイ」はシナ様が勝ちかな?
この2人の歌っているジャズ・スタンダードはカブっている曲が多いので、比べて聞くのも楽しいですよね〜。
Posted by uniko@ニャンくん | 2007/09/09 1:21 AM

きゃ〜unikoさま、こんばんは〜♪
阪神、昨日も良かったですよね〜♪
私もここのところ余裕が全くないのですけど、阪神の試合をちょこっとでも見ては細胞を燃えさせています!阪神、大好き♪

と、いえいえこちらこそですunikoさま。
腰の具合はいかがですか?大変でしたね。無理なさらないでくださいね。
お母様はお元気でいらっしゃいますか。

と、シナトラ様の記事にコメントをありがとうございます♪
未見作品もまだまだ多いので、ケーブルで放映されるたびに録画はしているのですがなかなか見られず終いです^^;
ほんま、「みんなアステアみたいになりたい、と・・・」なんですよねえ。
でも、不世出なんですよね・・誰にも真似できない・・
>言いたいこと、めっさ分かります!
きゃ♪嬉しいです〜。そうそう、あの夢見るよう歌う時のあの間がたまらないですよねえ。
で、そうそう!「ナイト・アンド・デイ」になると本領発揮?なのがシナ様(笑)
こう、ぐぐっと色気があって、コノヤロコノヤロなんですよねえ♪これまた誰にも真似できないですよね。
ほんま二人の歌、かぶってるのが多いので、聞き比べてはなんだか(ムフ)と笑ってしまいます〜。
Posted by 武田>unikoさま♪ | 2007/09/10 10:05 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://itumononki.jugem.jp/trackback/296
Trackbacks