1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on October 2017
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ぜひ嫁に・・
ここ数日TVの調子が悪く(すぐ切れてしまう)映画が見られなくてがっくり(ToT)
せっかくガンブラン作品を借りてきたのに〜〜。
時々録っては見ている、昔(昭和40年作品)のモノクロTV時代劇も見られず残念。
これとっても面白くて。
TV時代劇を見るなんて謙さんの「御家人斬九郎」以来かも。

舞台は幕末なんですけど、幕末というと、日本史の授業中
「不平等条約締結の結果、欧米に日本の金(きん)が怒涛の如く流出した」(曲解)と知り、
なんかむしょーに悔しくて地団駄踏んだという覚えしかないのですが。(私、ケチなのかしら?)

のう








ケチな私の脳内 (なんとなく悪代官脳)


お国のために喧々囂々、暗殺暗殺、絶叫絶叫・・みたいな話なのかと思ったら違っていまして、毎回ほろ苦く切な〜い余韻の残る、どちらかと言うといつの間にか歴史に翻弄されていた普通の人々の心情を細やかに汲み取った、静かで風情ある人間ドラマだったのでびっくり。こういう上司おるよなあ、部下が苦労するのよ、とか、若い時ってそうだよねぇ、とか、現在と照らし合わせてもちっともおかしくなかったりするし。

自分が男ならこんな上司と一緒に人生燃焼させたい!と思うだろうけど、女としては、自分の夫や息子や恋人に上司と勝手に男の美学貫いて心中されても困る。だからこういう男の世界は微妙なの・・・という気持ちもちゃーんとわかってくれてるみたい。
脚本家の方は特攻隊の生き残りという経歴の持ち主だったそうですが、時代も当時まだ戦後20年だし、台詞や展開の端々にそのあたりの想いが重ねられているような気がしました。命を大切に捉えているし。
P.ハギスも吃驚の群像劇、ヒロイズム、ナルシシズムに走らぬ脚本の妙。(これってすごく難しいと思います)そして、ほどよい感傷。(たまに、ええぃ悠長な!とやきもき>笑)
去年話題になった硫黄島二部作にも劣らぬ立派な作品だわよ、とさえ思うのでした。
女優さんの所作が綺麗だし、とっても可愛い。それぞれに誇り高いのもいいです。
男がいい訳なし、涙なし、そこはかとない優しさと筋の通った厳しさがあるのもとっても新鮮。
無駄な台詞のない、大人の機微の世界です〜。

先日見たお話では、察しがよく機転がきき、イヤな仕事(軽蔑すべきバカ男の護衛)をきっちりこなしつつ最終判断は自分が下し、その結果責任も自分が負うというのをごくあったり前のようにこなす、仕事のできる大石君という男が出てきて、まるでマックィーンのようにかっこいいではないの!と惚れぼれ。
いい人すぎず(重要)嫌味のひとつやふたつガツンとかましてやれるし、奢らず冷静、節度あるこの男、ぜひ娘を嫁入りさせたい!と思いましたわ(笑)

早くTV直らないかなー。
雑談 | comments(8) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
>無駄な台詞のない、大人の機微の世界です〜。
これって武田さんが好きそうな世界だなぁ(笑)。
余計なことは言わないけど、優しさと厳しさがある。イイです。
有限実行が求められる現在にあって、
淡々と仕事をこなし、文句を言わせない結果を残す。
まさに理想の漢(おとこ)!
私の頭の中にはイチローが浮かびました。
←でも、こんな人は滅多にいませんが…。

脳内メーカーの結果。爆笑です。かなり悪人っぽいですね(笑)。
でも、武田さんの映画評で感動している私って…。
なんか微妙な気持ちになりました(笑)。
Posted by ひで次郎 | 2007/08/05 12:06 PM

武田さん、こんばんは!
おおーー、またなんて男らしいワルな脳をお持ちなんでしょうか(笑)
私もやりましたがこれって名字と名前の間にスペースを入れるか入れないかで結果が変わりますよね。
スペースを入れるとぎっちりの愛をぐるりと囲むHという、20歳前後の小娘のような結果で、スペースがないと全体悩の中に変と休がちょろっとあるという中間管理職的な結果でしたよ〜。
ちなみにルカでやったら(実家の愛犬の名前なんですがw)愛と休と金と食がバランスよく並んでいていいカンジでしたのでこれを採用しようかしら(笑)

モノクロTV時代劇面白そうですね。お嬢さんを嫁入りさせたいぐらいないい男だなんて興味を惹かれますわ♪
物事の本質を見誤らない男(女もですね)がいいですね〜♪
私もいい人すぎないっていうか、やたらといい人に見えるって人には・・・惹かれない・・ですね(^^;)

テレビ早く直るといいですね。
ガンブランお預け状態はつらいですよ(笑)
Posted by ルカ | 2007/08/05 10:27 PM

武田さん、おはようございます。

時代劇は昔はおじいちゃん、おばあちゃんと共によく観ていましたが、最近は大河ぐらいでしょうか、、、。

>嫁に、、
ん〜、オカン目線ですね(笑)、まだまだうちはチビさんですが、もう、「この人かちょいい」とか言うので、「見た目違うで〜」と焦ります。
そうか、時代劇で中身のある男を見せればいいのか!(笑)。

武田さんの脳内以外です、、、本名でですか?私もしてみようかな(笑)。
Posted by sumisu | 2007/08/06 9:24 AM

ひで次郎さま、こんばんは♪

そうなんです。余計なこと言わない世界、好きです〜♪
優しいだけではだめなんですよね。やっぱり厳しさもないと・・。
ビシーっと筋が通っていて、ちょいワルとか言ってる中途半端な腑抜け
(もう誰も言ってないかもしれませんが>笑)など、
冷笑して一刀両断してくれそうな感じが、見ていて気持ちがよいですわ〜(笑)

>でも、武田さんの映画評で感動している私って…。
うふふふ。ひで次郎さま、今まで騙されていてくださったのですね(笑)
本当の私は黒い脳を持つ、悪人なんですわ^^;
なーんて、酷い結果でしょう?これ、絶対おかしいですよ(笑)
伏せておこうと思ったのですけど、ちょっと思い当たるフシもあり・・・(ダメじゃん)
Posted by 武田>ひで次郎さま♪ | 2007/08/06 11:14 PM

ルカさん、こんばんは〜♪
今日も暑かったですねえ。

いやですわ〜。もう、この結果ったら!(笑)
スペースの有無で結果が変わるのですね。以前やった時どうだったっけ?と思って再度挑戦しようとしたのですけど、全然つながらなくて。
いまもアクセスがすごいんですね。代わりに、前世脳内メーカーをやってみたら、脳内びっしり「賊」一文字(笑)私って私って・・・
>20歳前後の小娘のような結果、中間管理職的な結果・・
あはははは。可笑しい〜♪
ルカさんのハンドルはわんちゃんの名前だったのですね。しかも、とってもバランスがいい!(笑)

>物事の本質を見誤らない男(女もですね)がいいですね〜♪
ほんまですよね〜。で、いい人すぎない、と。
内戦してないで、国益考えてめりけんへの金の流出を止めなさいよ!とか思ってしまう私には、幕末ものは向かないと思ってたのですけど^^;、機会がありましたら、ぜひ大石君を見てみてくださいね♪ (あ、1965年の新選組血風録というTV時代劇です。私たちの生まれる随分前の作品ですね〜)

それにしても、ガンブラン・・
せっかく「灯台守の恋」も借りてきたのに、頼むわTV〜という感じです(涙)
Posted by 武田>ルカさま♪ | 2007/08/06 11:35 PM

sumisuさま、こんばんは♪

そうなんですよね、私も子供の頃は東野さんの「水戸黄門」、大川橋蔵の「銭形平次」、あと「大岡越前」「遠山の金さん」などよく見ていたんですけど・・^^;
大河も「独眼竜政宗」(古いですねえ^^;)以降は全然見ていなくて。
ものすごく久々にTV時代劇を見たなあという感じです。
>ん〜、オカン目線ですね(笑)
あははは、実は大石君は婿にほしい、自分は斎藤君がいいわ、とかそんな感じで(笑)
>そうか、時代劇で中身のある男を見せればいいのか!(笑)
ほんまほんま、そうですわ(笑)
気持ちのいい筋の通った男が出てきて、しかも男は顔じゃあないのだ!というのが自然によくわかって、とってもいいかもです♪

>本名でですか?私もしてみようかな(笑)。
そうなんです。本名でこれなんです!(笑)困ってしまいますわ〜。
でも楽しいので、ぜひぜひお試しになってみてくださいね♪
Posted by 武田>sumisuさま♪ | 2007/08/06 11:46 PM

お邪魔します〜
↑まあ・・灯台守の恋
お預け状態なのですか。
厳しいですよね・・耐えろ・・といわんばかり・・笑
TV是非とも調子よくいって欲しいですよね。
で・・・時代劇。TV時代劇は普段ほとんどみませんが
武田さんの批評がテレビ欄に載っていたら
真っ先にその番組みてしまいますね・・。だってだって、
そそられますものその男に・・・笑
どんな感じなの・・・ってこの目で観たい・・。
女がほれる男を描くのって簡単そうで実は
難しいですよね・・。容姿がカッコイイだけじゃあだめだからね

↑脳内の図・・思わず笑ってしまいましたが・・・。
自分も相当なものが出そうで恐いです・・・笑
Posted by みみこ | 2007/08/07 2:20 PM

みみこさま、こんばんは〜♪
うふふ。暑さで頭が煮立っているせいか、TVあかん〜(涙)と悔しがっているばかりだったのですけど、よく考えたらPCでDVD見られますよね。
本日無事に「灯台守の恋」を見ることができました。
みみこさまに教えていただいたこの作品、とてもよくて好きになりました。
素敵な映画を教えてくださってありがとうございます〜♪

それにしても、時代劇はやはり普段はなかなか見る機会がないですよね。
子など、ご落胤とか虚無僧とか岡っ引とかまったくわからないと思います^^;
>女がほれる男を描くのって簡単そうで実は難しいですよね・・。
容姿がカッコイイだけじゃあだめだからね・・
ほんまですよねえ。
ちょっと褒めすぎたかしらん?とも思いますけど(笑)久々に見た、ビシっとしたできる男にすっかりやられてしまいました。
あ、この人は上司がいいなとか、この人は息子にほしいとか、奥さんにしてもらうなら彼ね、とか(笑)、なかなか中身のいい男が揃っているようでしたよ〜。

みみこさまの脳内・・
むふふ。きっと愛がいっぱいですね♪
Posted by 武田>みみこさま♪ | 2007/08/08 12:27 AM

Post a Comment