1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on April 2017
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ブラウン管の映画館
先日、BShiで『リプリー』やってましたね。
ちょうど『カポーティ』と前後してチラっと見たんですけど、
フィリップ・シーモア・ホフマンが全〜然違うので、笑ってしまいました。
『リプリー』のホフマンは、低い声が素敵なんだもの。
チェット・ベイカー(好き好き)の真似をしながら、My funny Valentine 
を歌うトム・リプリー(マット・デイモン)。

   可笑しな私のヴァレンタイン・・
   写真写りはいまいちだし、どうにも口下手・・・
   でも、私の大事な人・・髪型なんか変えないで
   そのままのあなたでいてほしい
   そばにいてくれれば毎日がヴァレンタイン・デーになるから

確か、そんな歌詞でしたよね。(←嘘かも^^;)
こんな風に言ってくれる誰かが欲しかったんだろうなあ・・と思うと、
やるせなさに追い討ちをかけるような感じで。哀しい青春映画ですね。

哀しいといえば、子供の頃、特に8〜14歳くらいの間に鑑賞した映画というのは、ひじょうに強いイメージが焼きついてますけど、それらのほとんどがブラウン管で見たものばかり。民放の映画放映はもちろん、NHK教育の世界名画劇場(だったかな?)なんか、唯一夜更かしできるということもあって嬉しくて必死に見ました。
(ビデオもなかったし、映画雑誌なんかも読んでいないから余計な知識ゼロでかえってよかったよーな気がするなー>笑)

中でも、『太陽がいっぱい』、『恐怖の報酬』、『大脱走』、それから『コレクター』、『誓いの休暇』などが強烈に印象に残る作品。
とくに最初の三本。
これは、たぶんどれも失敗するからだと思うのですけど、大きなショックと共に、いまだに(成功させてやりたかった・・)みたいな、子供なりに感じたせつないような哀しいような、もの哀しい余韻が心の奥にずっとしみついています。

マッカラム







(これは、ナポレオン・ソロの頃でしょーか(*^^*))

『大脱走』は、マックィーンはいてるし、展開もすごくわくわくして楽しかったんだけれど、ほら、この方が駅のホームで仲間に逃げろと言いながら、撃たれちゃいますよね?ここがもう、大ショックで・・。成功するものだと思って見ていたから。

ドロン







(これは何の役だっけ?美人〜)

この方のトム・リプリーも、何度か出てくる食事のシーンでの強烈な孤独感みたいなものが子供ながらにハッキリと感じられて、とにかく可哀相で仕方なかったんですよね。チキン頬張ってる背中とかねぇ・・・


Yves Montand





(若いモンタン♪)

この方は、ものすごく大変なお仕事をやっとこさ終えて、お給料もらって、口笛吹きながら運転しつつ帰る途中・・・。もう、母親に隠れて泣きながら寝ました。

でも、ブラウン管の向こうの世界ほど自分を酔わせてくれるものはなかったですわー。いいものをたくさん放映してくれて、ほんとTVの映画番組はありがたかったです♪ 
   
雑談 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
武田さま、こんにちは。
とても共感したのでコメントさせて下さい。
今でこそ吹き替えだカットが多いと地上波の映画放映に文句たれてる自分ですが、昔はおっしゃる通りレンタルもなく劇場に頻繁に行けるわけもなく、映画はテレビで観るしかなかったですよね。
でも、結構心に残っているのですよね。心が柔らかかったせいでしょうか。
今の子どもたちは、生まれる前からネットや携帯があって、情報が氾濫していますよね。
でも、世界名画劇場(?)はないんですよね〜。
あれは、映画放映をBSに集約するために無くなったのでしょうか。私も残念に思いました。
『恋する惑星』とかやってくれたのにね。NHKは字幕が独自だったのですよね。

武田さまは、小さい頃から様々な芸術や文化に触れて育ったのですね。
豊富な見識にいつも感嘆してます。また、いろいろご紹介下さいね。
楽しみにしてます。ではでは〜。
Posted by 真紅 | 2007/04/24 12:59 PM

武田様今晩は〜。お元気ですか?

今地上波で映画の放映が少ないのはやはりBSだのケーブル有料チャンネルだのでどしどしオンエアされるからですかね?


「余計な知識ゼロ」っちゅーのは、私も今大人になって、色々情報にまみれちゃってるので、実はすっごくいいことだったんだなーってつくづく思います。

余談ですが、ここ2週間ほど、テレビ東京の平日お昼のロードショーでは、なぜか延々とアラン・ドロン主演作が放映されてました。
Posted by トリみどり | 2007/04/24 7:55 PM

こんばんは〜〜
NHK教育の世界名画劇場・・懐かしいですね
私も色々お世話になりました。
この枠でクラシック映画勉強した気がします。
哀愁・・・なんて印象的だったわ。
実は大脱走はここ最近の鑑賞なの。(ごめんね〜〜
こんな名作なのに)
だから↑のシーンよく覚えていますわ・・泣
↑そうそう・・トリみどりさんも(初めまして)
書かれていますが、アランドロン特集。
昼間からいい男出演で、どうしましょう・・・・・・笑
それで・・例の作品チェックしたのですよ。
あ・・後日あらためてコメントしにきます・・
観終わって今、余韻に浸っています・・。
タバコの吸いすぎが心配でしたが・・
ではまた・・。
Posted by みみこ | 2007/04/24 8:53 PM

真紅さま、こんばんは〜♪

「豊富な見識」ぎゃっはっは。真紅さまってば、もう。偏った妄想の間違いですわ。子供の頃、触れたのも母親の話やコレクションから否応なしに注がれる雑食な世界で・・(笑)

と、それはさておき、コメントいただきありがとうございます。
世界名画劇場、まあ、あの字幕はNHK独自のものだったのですね。
そういえば、今のBSでやる映画も、DVDの字幕とはちょっと違っていて、NHKの字幕のほうがちょっと印象的だな・・なんて思うことがあります。
ほんと、子供の頃は情報がないぶん、清い心(笑)で映画に向き合えましたよね。
それに、いい映画をわりと頻繁にやってくれていたようなイメージがあります。名画座なんかない地域に住んでいましたが、ブラウン管が名画座になってくれました。
できたら、子どもたちには真っ白な状態で良い映画をばんばん見せて、名作の衝撃波を与えてあげたい(?)ですよね。
こちらこそ、真紅さまの秘蔵の品を、たくさん教えていただきたいので、どうぞ宜しくお願いいたします♪
Posted by 武田>真紅さま♪ | 2007/04/24 10:04 PM

こんばんは、武田さん。

そうですよね、昔はブラウン管から名画に親しんだんですよね、、、お正月の深夜放送は、名画が多かったのを思い出しました。

モノクロ映像の女優さんたちも、美しかったです。
最近は、レンタルがあるので、あまり古い映画は放送しないんですかね?衛星放送とか、ケーブルとか、wowwowなどの契約はしてないので、現在でもTVで沢山映画が観れるお家の方が羨ましいです、、(涙)。
Posted by sumisu | 2007/04/24 10:22 PM

トリみどりさま、こんばんは〜♪

お財布見てきました♪可愛くてシックですねぇ。
手触りよさそう・・。ラベンダー色なんですね。素敵・・
愛着わいちゃいますよね。

で、>今地上波で映画の放映が少ないのはやはりBSだのケーブル有料チャンネルだのでどしどしオンエアされるからですかね?
やっぱりそうなんですよね、きっと。
でも、それじゃあ気をつけていないと見損ねちゃうし・・
ちょっと身近じゃない感じがしますよね。世界名画劇場は、やっぱり残しておいてほしかったです。
好きだから映画の情報をどんどん入れてしまったけど、やっぱり真っ白状態の頃も懐かしいですね。

あ、いいなあ。TV東京ったら、ドロン特集ですか?
私、母親がドロンとシドニー・ポワチエ、ウォーレン・ビューティの大ファンだったので小さい頃あれこれ作品再現なんかやってくれまして、遠くの親戚よりよっぽど知り合い・・みたいな感覚が(笑)
Posted by 武田>トリみどりさま♪ | 2007/04/24 10:29 PM

みみこさま、こんばんは♪

>この枠でクラシック映画勉強した気がします。
ほんまにそうですよねえ。
モノクロの世界や見たことのない風景、美しい男女、
異国の言葉の囁きに妙にドキドキしながら見入ってしまって・・。
「哀愁」・・ああ、私もこの枠で見ました!懐かしい・・・
「愛情物語」なども、よくかかっていたような気がします。
>大脱走
いえいえ、私もそんなのばっかりですわ。
ものすごく有名なのに、30過ぎてようやく見ました・・なんて作品多いです。
ドロン特集、お昼にやっていたのですね♪
例の映画、ご覧になられましたか・・。
うわぁ、みみこさまの感想をお聞きできるの、楽しみにしていますね。
そうそう、ちょーっとタバコ吸い過ぎで心配になりそうな感じでしたね。
男たち、みんな渋くて素敵で、服装などもひじょうによいなあと思った映画です。
Posted by 武田>みみこさま♪ | 2007/04/24 10:38 PM

sumisuさま、こんばんは〜♪

今夜は雨になってしまいましたね・・。
そうでした、そうでした。
お正月の深夜放送って、名画ばかりでしたよね!
>モノクロ映像の女優さんたちも、美しかったです。
美しかったですよねえ。また、英語やフランス語の話し方も(日本の古い映画もそうですけれど)ひじょうにたおやかというか・・
見ているだけでポワ〜っとなってしまうよな美しさでした♪

最近、地上波でも古い作品はあまりやってくれませんよね。
でも、レンタルでもなんとなく洋画全般の棚が減ってきているみたいで悲しくて・・。
そうそう、加入していないと見られないというのもつらいですよね。
昔、地上波で見られたアカデミー賞授賞式が、すべてWOWOWに移ってしまったときのショック、かなり大きかったです。
DVDを借りたり、衛星放送に加入しなくても、普通に日常でTVをつけたら映画をやってる・・という状態、すごくいい文化だと思うのですけど・・。
Posted by 武田>sumisuさま♪ | 2007/04/24 10:48 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://itumononki.jugem.jp/trackback/192
Trackbacks