1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on July 2020
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ステイ
s
『STAY』
2005年アメリカ

夜のニューヨーク、ブルックリン橋。
静かに燃える車 
虚ろな眼差しで座り込んでいる男
立ち上がった彼が歩き出す

・・・目覚めた男の手には婚約指輪

映画館で観たくて仕方なかったのに結局無理だったこの映画。
嬉しい!やっとDVDで鑑賞できました。

で・・・。うわぁ、こういう映画にはいつも惹かれてしまいますわー。
これ、ひとりで見て正解だったかもしれません。泣けちゃうんですもん(涙)
映画館で観たら、ハンカチ探すのに困ったと思います。
「サイコスリラー」というジャンル分けがされていたので、ちょっと心配してたんですけど、あ、よかった大丈夫でした。恐怖ものではなかったです。(というか、これってサイコスリラーなのだろーか??) 
説明しちゃうとつまらなくなるタイプの作品でしょうか・・。
見えない感情、想いを感じる映画・・・。

とにかく、冒頭からラスト近くまでヘンリーが可哀相で可哀相で・・。
(もうそんなに苦しまないで!私がついてるわヨ)とぎゅーと抱きしめていてあげたい感じなんですけど、最後になって あ、道理で・・妙に感じる消え入りそうな儚さはそのせいだったのかと・・。

s

ヘンリーを演じるライアン・ゴズリングを見るのはこれが初だったのですけど、うーん、この役はかなり惚れました。こういうタイプに弱いんだワ・・。
s
彼を助けようとする医師・サムを演じるのがユアン・マクレガーなんですけど、こちらには(サムったら何見失ってるの!なんとかして早く助けてあげて!!も〜〜っ 走って走って!早く〜っ)と(笑)でも、ユアンはいい歳の取り方していて、どこかのん気なあたたかさがあるので、この役合ってると思いました。何となく頼りないよーな失敗しそーな雰囲気もいいし、犬に噛まれてもすぐ治りそうな健康的なとこもよくって(笑)
サムの恋人役ライラがナオミ・ワッツ。彼女も、いつ見ても美しくやっぱり儚い感じがするなあ。細い腰や指、青い瞳が綺麗で綺麗で・・

なんというんでしょうか、恋人役とか医者とかいう断定が無意味な物語で・・。
美しい映像とともに、一瞬の夢に共鳴し、エンドロールでもう一度(初だっけ?)出てくるタイトル「STAY」の余韻をぐっとかみしめる・・そんな映画でした。
水族館のセイウチが、ガラス越しにヘンリーにふわーっと寄ってくる幻想的な青い世界・・。ここも、なぜかすごく泣けちゃったなあ(涙)
印象的なシーンが多い、いい映画でした。

監督は『チョコレート』、『ネバーランド』のマーク・フォースター。

雑談 | comments(14) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
こんにちわ!「ステイ」ご鑑賞おめでとうございます!
私もこの前、TSUTAYAで借りてきました。もう一度、ヘンリー君に会いたいと思って。本当は買いたいくらいやねんけど「ナイロビ」を予約したので、諦めました(T_T)

このブルックリン橋でのショット、彼の悲しげな目が、何かを訴えてくる目が最初から最後まで・・・
そうそう、説明すると面白くなくなっちゃうんですよね^^;
私もブログで細かいこと書けませんでしたもん・・・

>見えない感情を、思いを感じる映画
そうですよねっ!どんな感想も陳腐になってしまいそうです。彼の一途な思いを想像するだけで、涙が・・・
ヘンリー!!そうやったんやね!!と思い出し、後でじんわり、来る映画でもあります。
ブログにも書きましたが、これはサイコスリラーと言うジャンルじゃなくて、ラブ・ストーリーだと感じました。

ライアン・ゴスリング君、「タイタンズを忘れない」「君に読む物語」「16歳の合衆国」と出演作はありますが、この「ステイ」がハマリ役だと思います。このユアン、ゆるゆるで良かったですね。なんとなく(笑)。
あ、バトン受け継ぎましたからね〜。他の人に渡せなくてごめんなさいm(__)m
Posted by uniko@ニャンくん | 2006/11/08 12:24 AM

unikoさま〜♪今、ちょうど(unikoさまのブログにそういえばステイのレビューがあったぞ!)とお邪魔して、見つけて(ヘンリ〜>涙)としてきたところでした♪
ほんまほんま、これは絶対にラブ・ストーリーですよね!!
しかも、なんとせつない・・(涙)
部屋中の、あらゆる絵の、ひとつひとつのヘンリーの気持ちが、あとになってさらにガバーっとこみ上げてきて、たまらんですねえ(涙)ううう・・・
ライアン君、とっても良かったです。あ、これが一番のハマリ役ですか!ああ、私もナイロビ(ジャスティーン♪)を予約したのでちょっと我慢ですけど、年明けたころにDVD買ってしまうかもしれません^^;
バトン受け取ってくださってありがとうございました!!嬉しいです。しかも、とっても読み応えがあって♪ほくほくでした。
久々に「歴史は夜作られる」をすごく見たくなってレンタル店に走ったのですけど、なくって〜。で、「ステイ」を借りて泣いてしまった夜だったのです(笑)
Posted by 武田>unikoさま♪ | 2006/11/08 12:43 AM

こちらにもお邪魔します。
これ、わたしも観たいと思いつつ、劇場公開を見送り、
DVDが並んでるのを見ながら、未だ見送り続けてる状態…
ユアンと、ライアン・ゴズリング、どうなんだろう?って
とっても興味がありました。
そうなのか…そういう感じのお話なのね。
急に観る気満々になってきました。
(とは言え、ちょっと先になりそうだ…グズッ)

ライアン・ゴズリングは、
『きみに読む物語』ではナイーヴで好きだけれど、
ミシェル・ウィリアムズも出てる『16歳の合衆国』も
お話の展開には賛否両論あるけれど、
わたしは悪くない作品だったと思いました。
Posted by 悠雅 | 2006/11/08 10:23 AM

あ〜〜、これも早く見たいの。
旧作おちはまだかな・笑(新作でみればいいのにしない自分・)
ユアン〜〜〜〜♪
予備知識なしでいきたいので画像のみでグッと我慢・・。
そうだ・・ナイロビは今週末ね・・ルンルン
Posted by みみこ | 2006/11/08 11:09 AM

悠雅さま、こちらにもコメントくださって嬉しいです♪
あ、やはり見送ってしまわれました?
かかっていた映画館もほんの少しで、地味な扱いでしたし、なんだか宣伝の仕方がいまひとつだったような覚えもあります。
実験的手法で謎解きするための話という感じで・・。
でも、これが実際に見てみたら、とてもよくて!!人の思いの繊細なところをきちんと描ききった良品というか・・。
ユアンとライアン・ゴズリング、これまた意外なほどに合ってましたよ〜(?>笑)
ライアン君が最初からあまりに悲しげなので、思い切り感情移入してしまったのですけど、(←いつものこと)
彼の「16歳の合衆国」もいいのですね!ぜひこちらも「きみに〜」と一緒に探してみますね。
Posted by 武田>悠雅さま♪ | 2006/11/08 11:22 PM

こんばんは〜♪
みみこさま、わかります!もう少しできっと旧作オチです!!
そしたらぜひぜひご覧になって、レビューを読ませてくださいね♪
きっと、みみこさまお好きなタイプの映画だと確信しております!
そうそう、ナイロビいよいよですね!!
あのジャスティンにメロメロなので、そわそわしながら待ってます。楽しみ〜♪
Posted by 武田>みみこさま♪ | 2006/11/08 11:25 PM

はじめまして。
コメント、TBありがとうございます。
私もこの映画、初めはサイコサスペンスでびっくりなオチのある映画だと思っていたんです。
ところが・・・よかったですね〜。
「僕を助けることができるのはきみだけだ」というセリフの意味がわかるときはもう、胸がつまりました。
この題名もいいんですよね。
そしてエンドロールも。
本当に、心に残る映画でした。
そして、このキャスティグも私好みなのがうれしかったです。
Posted by タイニーポエム | 2006/11/09 12:09 AM

タイニーポエムさま、こんばんは。
まぁ、早速お越しいただけるなんて嬉しいです。
TBもありがとうございました。

ほんと、この映画は良かったですねぇ。(で、嬉しくてタイニーポエムさまのところにお邪魔させていただいたのですけど)
エンドロールで押し寄せる、ちょっと忘れ難い余韻がこれまた・・・。
ほんま、キャスティングもとても良かったですね♪

また、ぜひお邪魔させてください。ありがとうございました。
Posted by 武田>タイニーポエムさま♪ | 2006/11/09 12:54 AM

お邪魔します〜やっと鑑賞しました。
ああ・・やっぱり・・と思う部分はあったものの(この手の
タイプ色々ありますものね)好きな作品でした。
私はあとからじわじわタイプなので二度目の鑑賞で
ウルウルきましたよ。意味合いを知ってからのほうが余計きますよね。
セイウチシーン・・せつなかったですよね。
あとバーでのシーン。スクリーンに映し出されるでしょ・・
あそこも泣けてきてね・・本当愛おしくて抱きしめたくなりましたよ。
そうそう、ユアン・・のんきなあたたかさよね・
だってヘンリーに向かって「予報士になれば・・なんて」
言っている場合じゃあないのに・・・って思いましたよ・
Posted by みみこ | 2006/12/08 5:44 PM

みみこさま、コメントいただきありがとうございます♪
私ったら、まさかまさか・・と勝手に打ち消しながら見ていたような気がします。
バーでのシーン。
そうそう、スクリーンにしっかりと映し出されていて、二度目に見たときは(ああ・・・)と(涙)
エンディングも悲しくて悲しくて・・。

みみこさまが触れてらっしゃった2作品!!
私も大好きなので、嬉しかったですわ〜〜
巷での評価なんて知らないまま、思えば随分と時間が経過しておりますが・・(笑)
いい作品たちですよね。忘れられないです。再見したくなってきました。
Posted by 武田>みみこさま♪ | 2006/12/09 12:20 AM

武田さん、お陰様で、やっとやっと観れました♪
ゆっくり落ち着いて観たいから、と今頃まで引き伸ばしたけれど、
こんなことなら、年末のバタバタした時期でも
無理矢理観とけばよかった、と思うくらい、お気に入りに追加です。

初めて観た時は、
まるでアートを観るような美しい映像や、不可思議に展開する内容に翻弄された感じですが
もう1度、結末(?)を知ってから観ると、初見の時よりもずっと切ないのですよね。。。

ユアンも(うん、いい年の取り方してますよね!)、
ライアンくんも(お肌つるつるで綺麗だわ)、役柄にぴったり嵌っていて、
ほんとに好きな作品がまたひとつ増えました♪
Posted by 悠雅 | 2007/01/05 10:35 PM

悠雅さま、こんばんは〜♪
コメントいただき。ありがとうございます。
(さきほどお邪魔して、しつこくTBやらコメントやら残してしまいました)

「ステイ」、悠雅さまも、お気に入り追加してくださって、嬉しいです!!
ほんませつない物語でしたねぇ。
こんな作品、どうしても惹かれてしまいます。

ユアン、いいですよね。
彼を見ているとホっとしました。
ライアン君、わはは。確かにつるつる!!
それで余計に健気で、せつなさも倍増したのかも・・。
この監督も、今後の作品をチェックしたくなる方ですね♪
Posted by 武田>悠雅さま♪ | 2007/01/06 12:54 AM

武田さま、こんにちは。『ステイ』話に私も参加させて下さい。
TB、またダメでした・・。Dさまのところと武田さまのところは、最近全滅です(悲)。
私もこれはラストまで引き込まれました〜。普段は観ないジャンルなのですが、映画館で私も観たいと思っていた作品です。
主演陣が魅力的ですよね・・。
それから「ひとりで見てよかった」と書かれているのが気になったのですが、映画は普段はどなたかと観られるのですか?
私はほぼ100%ひとりで観るので、ちょっと聞いてみたかったんです。
ではでは、また来ますね!
Posted by 真紅 | 2007/03/07 9:13 AM

真紅さま、こんばんは〜♪
この映画は、ほんまキャスティングの妙というか、よかったですよね♪
ライアン君とユアンの個性がほどよく中和されていて(笑)
ラブ・ストーリーとして思い切り(細かいところは考えずに)引き込まれてしまいました。私、こういうの好きなんです・・

映画は、私もほとんど一人なんですよ〜。たまに、映画好きの友人と待ち合わせして観に行きますが、それもまた意見が全然違ったりピッタリ合ったりして、面白いです〜。家では半分はオットと鑑賞しますけど、7割がた意見が食い違います。男の人って乙女なのね・・(私がおっさんなのだろーか??)と思います(笑)
Posted by 武田>真紅さま♪ | 2007/03/07 6:10 PM

Post a Comment










Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackbacks
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/09 12:11 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/06 10:43 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/07 8:29 PM