1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2018
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
TURNER


この絵は来てない(そもそも所蔵美術館が違う)展覧会でしたけど、行ってきました。
(18の頃「アルチザン」(山下達郎)というアルバムの中の「ターナーの汽罐車」が好きだったので、
この絵だけはそれ以来なんとなく気になっている)

Turnerは、ぼんやりしてる…というなんともヒドいイメージを長年持ったままのあほな私、
ちょっとはTurnerのことがわかるかしら、と見に行ったのですけど。
画家のスケッチブックや使い込んだ道具一式、絵の具がついたままのパレットの類まで展示されていたので
興味深く見入りました。
肝心の絵は、特に、ぼんやりしていると感じてきた絵は、なるほどひじょうに文学的なんだなと思ったり。
自分のなかで一回消化して、それから描く世界。省略の美というか、他人にはなかなかわからんよなとか。
イタリアの空は、そうでない地域の絵と違い格段に明るくて眼を奪われるんだけれども、
その下の世界は…とか、画家のコンセプトは他のどこの国にいても同じだったり。
(戦勝万歳な絵なんかには絶対しなかったせいで、その後二度と王室からの依頼はなかった、とか、Turner、気骨のある人物だったのか、描きたいものを描くんだ、俺が感じたものを描くんだという頑固さが芸術家だワ。人間の肉体とか表情にはあまり関心はなかったのかしらん)

もちろん、実験的な面白い絵もあれば、細かな素描、水彩画もあり、光の具合も気になり…
この絵は未完成かも(詳細は不明らしい)という作品もいくつか。

画家がどんな風に絵の具をのせていったのか、色を作っていたのか見ることができたらなァ…

自分が一番長い間見入ったのは次の2点でした。(自分の目でみた色合いとはやっぱり違うけど)


Peace Burial at Sea


The Thames above Waterloo Bridge

雑談 | comments(4) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
こんにちは、省略の美というお言葉、なんだか色んなことを考えさせられますね~
何を描くか、よりも何を描かないかにその人の真の作家性が存在するのかも…

武田さんも絵を描かれるのでしょうか
(ブログの文面からなんとなくそう感じました)

追記:このまえ武田さんのところから真紅さんのところへお邪魔したら、武田さんは尊敬するブロガーとおっしゃっておられました、やはり多くの方に影響を与えておられるのですね~
Posted by kisara | 2014/02/26 11:41 PM

kisaraさん、おはようございます♪
こちらの記事にコメントいただき、嬉しいです〜。
ターナー、なぜ日本の近代文豪に人気があったのかしらん?と思って観に行ってきたんですけど、実際に見たらそんなことより、「ぼんやり」の絵の不思議な魅力に(おお・・・)となりました。
ただ、図説とか購入しなかったので、省略の美だと私が勝手に思っただけでそういう見かたは大間違いかもしれません!(恥)
kisaraさんは、ターナーお好きですか?

>「何を描くか、よりも何を描かないかにその人の真の作家性が存在するのかも…」

深い!!ほんとそうかも!!
そういう意味でも、ターナーは複雑だったなぁと思います。

美術は大好きだったので、絵の具の載せ方とか気になるんですけど、これもただのど素人の「好き」で^^;

真紅さん、知的で素敵な女性でいらっしゃいますよね♪長いことお世話になっています。まさか「武田?なんだか変な人ですよ」ともお書きになれず、気を遣ってくださったんですわ〜(笑)

そうそう、「最強のふたり」やっと借りることができました♪
見るのが楽しみです☆帰ったら、また伺いますね。
Posted by 武田>kisaraさま♪ | 2014/02/27 6:49 AM

ターナーは知識不足で存じ上げなかったのですが、
武田さんのブログで拝見しているうちに
私も不思議な魅力に憑りつかれました〜
しゅぅっと観客の心を掴むような絵ですね

ブログは田辺さんのいい男論について書いてみました〜
お気が向かれたらぜひ武田さんのご感想も聞かせてください☆
Posted by kisara | 2014/02/27 8:35 PM

kisaraさん、こんばんは♪
さきほど、お邪魔させていただきました☆
ターナー、曖昧ぼんやりの奥がなんともこう知りたくなりますね。

田辺さん大好きなんですけど、わたし、内容をすぐ忘れるので(ダメダメ)、改めていろいろ考える時間が持てました。
ありがとうございます♪
いい男、いい女に必要なもの、についてあれこれ一緒に考えてしまいました。
(こちらのPCの調子がいまいちで、もしかして二重投稿になってたら申し訳ありません(>_<))
Posted by 武田>kisaraさま♪ | 2014/02/28 1:31 AM

Post a Comment