1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on October 2016
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
引越し中です
お世話になっています

久々に引越しすることになりました。

ぼちぼち移動中です。

引越し先は→ こちら です。

また、ご挨拶に伺います。

武田



雑談 | comments(0) | -
FROZEN


『FROZEN』 2013年 アメリカ

大好きなgleeのジェシーことJonathanと、コークランコーチことイディナ・メンゼルの声を聴くぞ!!と燃えること数か月、ようやく鑑賞できました。初見。
楽しみにしていた割には、ディズニーものに興味がなかったし(バンビは好きだ)、私の大事な「雪の女王」をなにしてくれるねんと思っていたし、単純に疲れてへばり気味だしでテンション低かったんですけど、いやぁ、観に行ってよかった〜。想像していたのとまったく違う物語で、非常に面白かったです。

凍りついた心の再生と、その後の社会生活の中における己の在り方について自身がどう気付けるか。
自分の人生を生きるとは何か、愛するとはどういうことか、無知と恐れが何を呼ぶか、「善人」の無知とは何か、感情のコントロールの仕方とは、というようなことが押し付けがましさなしに描かれていて、すっかり見入ってしまいました。

のっけからエルサの姿に涙がじわぁ。彼女がどうなるのか気になって気になって。
我慢我慢の抑圧から解放されてのlet it goの晴れ晴れとした意思はもちろんのこと、
(let it goは、好きに生きるわ〜というのではなく、孤独のうちに己自身を見出すというか客観視できるようになるというか自由の本来の意味に気付くというか、そんな感じ。そのあたり、歌詞とイディナ・メンゼルの歌が素晴らしい!!
こういう誇り高き孤高が「雪の女王」としての形を取って物語られるってすごく納得できたな〜。氷も本当に美しい。
人間誰しも、この気持ちが胸いっぱいに溢れる瞬間が子供の頃から何度かあるはず。たとえ何があっても、自分の心の中だけは自由だ!何者も支配できない自由な世界だ!と初めて気付いた子供の頃、こんな気持ちだったもの。戦いは常に自分のもの)
ではそういう段階へ進んだ彼女が他者を受け入れる、愛するということを再び思い出せるか、というのが中盤以降のポイントになるという面白い構造。(なーんて、ぜんぜん違ったりして>笑)

エルサと、彼女と表裏一体のアナ、二人が二人とも自分自身で気付く、というところまで見せきるのが斬新で素晴らしかったなァ。運命の人云々の問題じゃないのよね。自分が変わらなきゃ意味がない。と同時に、どの登場人物も自分だなと感じられるし。姉妹とか男女とか人間かどうかとか関係なしに。(無責任なaudienceさえも自分だった)

「推手」や「ウッドストックがやってくる」や「ブロークバック山」もかなぁ、とにかくアン・リー監督が個の自立(自律?)を描くときに感じるものと似てるところがあるな…とも思いました。
この物語が受け入れられる世界は、まだ希望が持てるんじゃないか…なんて考えながら、エンドロールを見つめちゃったなー。
お目当てのJonathanは、相変わらず素敵な声♪3曲くらい聴きたかったほど。




映画感想 | comments(2) | -
私が、生きる肌


『LA PIEL QUE HABITO』 2011年 スペイン

初見。久々のアルモドバル監督作品。
舞台はトレド。
どんなお話かしら〜とわくわく見始めましたけど、1時間過ぎたあたりからの急展開にはたまげました。
さすがアルモドバル…よくもよくも。(原作があるようですが)

  あなたには、隠れ場所があります。
  あなたの心の奥に。
  誰にも踏み込まれず誰にも破壊されない場所が。
  その場所には、平和・静寂・自由があります。  

誰もが持つ隠れ場所。
この言葉が出てきたときから、ベラの行動はなんとなく先が読めるのですけど、彼女がどこからやってきた患者なのかわかる部分が奇天烈。

優秀な形成外科医であるロベル。
彼の最初の執念は愛するガルのための皮膚移植だったはずですが、それがだんだんとエスカレートして、ついにはガルの再生を試みてしまう…。娘のための復讐も利用して。

愛する娘のためですから、自分の手技を生かして復讐するというのまではわかるんですけど(アルモドバルはよく作中で獣じみた衝動を抑えきれない者へ鉄槌を下してくれるから)、お顔を亡き妻(浮気して一度は出ていった妻である)にしてしまうところがアブノーマル。しかも、耐久性ばっちりて。
それに、実際使えるようにあらかじめアレコレしておくのを穏やかに提案しちゃうのも狂ってる。受け入れるのも変じゃない?(T_T)しかも、ロベルはベラを愛している!

結局、罪を犯した登場人物たちは全員自分のしたことへの報いは受けることになるけれど。

常識やモラルを軽く飛び越えて愛する者を守ろうとする、勘の鋭い母親像は相変わらず。
ノルマの魂が安らかであることを祈るばかり。



奇妙な味わいのラスト(どうしようかしら…とちょっと途方に暮れる)も面白いですけど、ビセンテの母たちもやはり”ベラ”を守り抜くと思いました。(しかし、微妙な三角関係になるだろか…)

相変わらず、色彩感覚、音楽とも素晴らしかった。まさかこんな内容とは思わず、印象深い一本となりました。
もしも、ベラがあのとき新聞を目にしなかったら、もう少しロベルと関係は続いただろうか…。
街へ出たことで、ベラの隠れ場所も何かに浸食されやしないだろうか。そんなことを考えてしまいます。


映画感想 | comments(2) | -
ギャラクシー・クエスト


『GALAXY QUEST』 1999年 アメリカ

初見。

あっはっはっは(嬉)サーミアン星人!!

びっくりしましたわ。まさか、アラン・リックマンがあんな…(笑)
それに、シガーニー・ウィバーまで!(シガーニー、綺麗♪)
B級SFコメディでアホらしいんですけど、のんびりした愛があって素敵(笑)
最近の映画かと思ったら、1999年作品なんですね。ちっとも知らなかった。
こういうのに、喜んで?出る役者さんて好き好き(笑)
スタートレックは、スポックさんを覚えてるだけでほとんど記憶にないんですけど、そんなの関係なしで楽しめました。
なかでも、タガート艦長を迎えにくるサーミアン星人がたまらなくキュート!!



いやー、サーミアン星人いいわ♪
あの歩き方!拍手の仕方!一緒にやりたい!!(楽しそうである)
なにより表情と平和的で気立てのよい清廉な性格がむちゃくちゃlovelyDocomo_kao12(まぁ、ほんとはタコ怪人?みたいなんですが)

お約束通りなんですけど、最後まで楽しめるゆるくてのん気な一本。
子どものころから慣れ親しんできた、いわゆるアメリカ映画の典型的展開で最後は笑顔で大団円の安心感もあり。

名作『月に囚われた男』で渋かったサム・ロックウェルが、ここでは若くて軽くて、いかにも「出てすぐ殺されちゃう端役」っぽい表情をしてみせてるのでびっくり。
それから、物事に動じない技術屋さんがモンクでしたわ♪


映画感想 | comments(2) | -
VERA 1-3


「雑草ばかりなのに?」
「エリカ、キンモウゴケ、キンコウカ。見た目と違うの。人と同じ」

第一シーズンの3話目は「鎮魂の実」。やっと鑑賞できました。
これまた名作。面白かった。ヴェラは毎回、ちょっと涙が出ちゃうなぁ。
カフンと相まって夜中にクシャミハナミズが止まらなくなるのが困るけど(T_T)

今回は、主役たちを含めたさまざまな立場の女たち、男たちがそれぞれにかかえる悲しみ、苦しみの描き方が普遍的で寄り添いやすく、なおかつ、たくさんの登場人物たちをうまく生かし動かしている脚本がさすがでした。
英国らしいユーモアもあるし、普遍的だけど陳腐じゃないから見応えがあるんだわ〜。
「ムッソリーニさん?」(笑)子どもの使い方もうまい。





それ以外の感想 | comments(0) | -
BEFORE SUNRISE


”僕はどこから来てどこへ行くのか 漂う人生 川面の枝のように流れのまま浮いてゆく
僕は君を 君は僕を導く それが僕の望み 君はまだ僕をわからないのか?”

詩人さん、lovely♪ 
若い頃に映画館で観、2005年に再見し、本日再々見となった『恋人までの距離』。
あらら、いい映画〜(今頃!?)
劇中の彼らとほとんど同じ年の自分は、当時は恋愛映画になんの夢も希望も感じない性分だったので…

興味を持てなかったジェシーも、今見ると可愛い普通の青年でした。(詩人とセリーヌは昔から可愛い)
ジェシーとセリーヌの、つるつるすべすべっぷりも見事。(お肌の話)
そもそも、夫婦喧嘩しているカップルから逃れて席を移ってきたのが出会いだったとは。
まったく覚えていなかったので新鮮でした。

そして、翌朝の二人の表情の美しさたるや!(ジェシーもこの時は誠実な温かい表情をしている)



素直になってみると、あの時はああしとけばよかった、こうしておけば違ったかも…といろんなことが恥ずかしかったり悔やまれたりだなァ。歳を重ねるにつれ、昔を思い出しては赤面することが増えるばかり^^;

映画感想 | comments(0) | -
引き続きVERA


シリアルキラー系ではなくて、どちらかというと深い悔恨の情にかられるさまざまな人間たちが出てくるドラマ。
本当に罪深いのは何者なのか…なんて考えてしまうようなラストが多く、いつも余韻はほろ苦なんですけど、
役者さんたちも魅力的だしドラマを見た〜という充足感が残ります。

舞台はイギリス北東部。海岸線、丘陵、お城などを擁した自然あふれる景観も美しい。(ときに寂しい)
今日見た回では、ヴェラが「ヒースクリフが現れたかと思うのよ」と。
(彼女はほんとそんな感じのする場所に引き移って住んでいる)

ヴェラはおばちゃんなんですけど、子どもが苦手(笑)
一徹。ほんとは優しいけどかなり不器用。わりにヒステリック。
(でも女ならではのそれで、ちょっとそのイタさがわかる気がする)
仕事もできるけど、毒舌で人使いが荒い。たまに可愛い。ファザコン。まだまだ女でもある、というなんともいえない味わい深い造形。ブレンダ・ブレシン、どんぴしゃです。

普段は振り回されつつ、彼女の部下としてきちんと仕事しているジョー(愛妻と子供3人いるパパである)が、
ヴェラにたまに辟易しつつ上司として尊敬していて、なおかつ無意識にちょこっと甘えてたりもして、
しかも相当男前の若者って、うーん、ほんと面白い設定だな〜。
「きちんと心を開いてくれないと困ります」って、あなたヴェラだって女なんだから…っていうようなとこ、
事件解決とは別にどーなるのかしらね…と思わせてくれたりして。

あと数話で全部見終わってしまうのが惜しいわ〜。(そうそう、美男美女率も高いと思う)
ちなみに男女を問わず部下はみんな彼女をMumと呼ぶので、へぇ〜と。
事件解決のために協力する外部の人間もMumと。
年上の女性の上司のことは、そう呼ぶものなのね〜と勉強になりました。


それ以外の感想 | comments(0) | -
VERA


久々に英国ミステリーにはまりました。『ヴェラ〜信念の女警部〜』。
ケーブル様々だなあ。めちゃくちゃ好み。
主演はブレンダ・ブレシン。自分の中では『秘密と嘘』以来かしら。
このかなり癖のある女主人公ヴェラに、ブレンダさんははまりまくってます。
左の息子みたいな男の子が部下。この二人の関係性も面白い。
じっくり系の英国もの、見応え十分です。

先日気付いたばかりなので、今月のシーズン1、2一気放映が大変ありがたいわ〜heart
しかし、ワンシーズン4話しかないのです。もっと見たいくらい。
原作、読んでみよーかしらん。


それ以外の感想 | comments(0) | -
ヒマラヤ杉に降る雪


『SNOW FALLING ON CEDARS』 1999年 アメリカ

初見。ダメ男がいい、いいって、そればかりでは失礼だな…と思って、もう一本イーサンを鑑賞。
知らなかったです。こんな映画があったとは。

今回のイーサンは正統派でした。
ラスト、ハツエ(工藤夕貴)と言葉を交わすことなく去るのか?それじゃあんまり男前すぎる…(T_T)と思ったら、
「You have a gentle heart」って。うう。
イシュマエル、いい男だった。あの後姿にはやられたわ。

移民ではないけれど、オットの大叔父も戦争のせいで結婚して数年のアメリカ人の妻子と別れ、一人帰国するしかなかったそう。奥さんと幼い息子ちゃんも戦中戦後きっとご苦労されただろう。
そんなことも時折感じながらの鑑賞になりました。ほんと、人生いろいろだ…



イーサン父は、またもや(こちらが先か)サム・シェパード。理想的な父でございました。
他に、マックス・フォン・シドー、ジェームズ・クロムウェルも。

「難しいことだ。自分を執念から解き放つことは。それが偏見、憎しみ、愛でも」
「逆らいきれないことなんだよ。偶然がこの世を支配する。支配されないのは人間の心の中だけだろう」

イーサン、正統派も良かったよ〜。ダメ男だと輝くなんて言ってごめん。(でも、うまいんだもの)



(映画まるまる1本鑑賞した気分になる予告篇…^^;)


- | comments(2) | -
フレッシュ・デリ


『De Grønne Slagtere』 2003年 デンマーク

初見。マッツ目当てに鑑賞しました。
結局ダニボンを映画館へ観に行けなかった…(T_T)
ダニボンといえば、ル・シッフルはお元気だろか…と思いだして借りたんでした。

このデンマーク映画、”コメディ・ホラー”というくくりになってたんですけど
見た限りでは、良質のファンタジーでした。少々、不思議な味わいの。
生きる哀しみ、生きる喜びも、乾いたユーモアと共にちゃんと盛り込まれていて、さらに役者さんの表情がみんないい。

スヴェン(マッツ・ミケルセン)とビャン(ニコライ・リー・カース)ったら、ニルスとヨアヒムじゃありませんか♪
(『しあわせな孤独』。ふたりともとても良かったっけ)

脚本も秀逸だし、なにより音楽がとても好きだと思ったなぁ。

「お前のマリネ液がうまかったんだよ」

うーん、見ることができてよかった。ありがとう。マッツ。






映画感想 | comments(4) | -