1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on August 2017
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
引越し中です
お世話になっています

久々に引越しすることになりました。

ぼちぼち移動中です。

引越し先は→ こちら です。

また、ご挨拶に伺います。

武田



雑談 | comments(0) | -
FROZEN


『FROZEN』 2013年 アメリカ

大好きなgleeのジェシーことJonathanと、コークランコーチことイディナ・メンゼルの声を聴くぞ!!と燃えること数か月、ようやく鑑賞できました。初見。
楽しみにしていた割には、ディズニーものに興味がなかったし(バンビは好きだ)、私の大事な「雪の女王」をなにしてくれるねんと思っていたし、単純に疲れてへばり気味だしでテンション低かったんですけど、いやぁ、観に行ってよかった〜。想像していたのとまったく違う物語で、非常に面白かったです。

凍りついた心の再生と、その後の社会生活の中における己の在り方について自身がどう気付けるか。
自分の人生を生きるとは何か、愛するとはどういうことか、無知と恐れが何を呼ぶか、「善人」の無知とは何か、感情のコントロールの仕方とは、というようなことが押し付けがましさなしに描かれていて、すっかり見入ってしまいました。

のっけからエルサの姿に涙がじわぁ。彼女がどうなるのか気になって気になって。
我慢我慢の抑圧から解放されてのlet it goの晴れ晴れとした意思はもちろんのこと、
(let it goは、好きに生きるわ〜というのではなく、孤独のうちに己自身を見出すというか客観視できるようになるというか自由の本来の意味に気付くというか、そんな感じ。そのあたり、歌詞とイディナ・メンゼルの歌が素晴らしい!!
こういう誇り高き孤高が「雪の女王」としての形を取って物語られるってすごく納得できたな〜。氷も本当に美しい。
人間誰しも、この気持ちが胸いっぱいに溢れる瞬間が子供の頃から何度かあるはず。たとえ何があっても、自分の心の中だけは自由だ!何者も支配できない自由な世界だ!と初めて気付いた子供の頃、こんな気持ちだったもの。戦いは常に自分のもの)
ではそういう段階へ進んだ彼女が他者を受け入れる、愛するということを再び思い出せるか、というのが中盤以降のポイントになるという面白い構造。(なーんて、ぜんぜん違ったりして>笑)

エルサと、彼女と表裏一体のアナ、二人が二人とも自分自身で気付く、というところまで見せきるのが斬新で素晴らしかったなァ。運命の人云々の問題じゃないのよね。自分が変わらなきゃ意味がない。と同時に、どの登場人物も自分だなと感じられるし。姉妹とか男女とか人間かどうかとか関係なしに。(無責任なaudienceさえも自分だった)

「推手」や「ウッドストックがやってくる」や「ブロークバック山」もかなぁ、とにかくアン・リー監督が個の自立(自律?)を描くときに感じるものと似てるところがあるな…とも思いました。
この物語が受け入れられる世界は、まだ希望が持てるんじゃないか…なんて考えながら、エンドロールを見つめちゃったなー。
お目当てのJonathanは、相変わらず素敵な声♪3曲くらい聴きたかったほど。




映画感想 | comments(2) | -
ミレニアム


おすすめいただいた本。も、夢中で読み耽って1,2をあっという間に読了。
ただ、著者がすでに故人だと 1を読み終えてから知り、茫然でした。(そんなことって…。まだお若いのに)
とにかくどんどん進むので(訳が読みやすい)3に入ってから少しセーブしよかな、と思っていたら
タイミングよく、ケーブルにてフィンチャー版の映画が放映されたので、鑑賞。

が、あっという間に挫折^^;
そうだ、私、フィンチャー氏とはあんまり合わないんだった^^;
(「セブン」は必死に見たけど、「ゲーム」にはむかっ腹がたち、「ゾディアック」はあろうことか劇場で寝てしまったのだった) 氏の携わったという80年代のミュージックビデオには夢中になったのに。

今回は、原作を読んだばかりだったせいかいちいち比べてしまう自分の悪い癖も出て、
なおかつキャストがことごとくイメージと違ってたんだわ〜(そんなん知らんがな!という話ですが)

ダニエル・クレイグはめっちゃかっこよかった(スタイルもいい)けど、なんかいろんな女が不思議と心を許して自由になれるミカエルとはちょっと違うかなと思っちゃった私の脳が残念無念。(なんといっても最初に優男のミカエルとして頭に浮かんだのは、ロシアに亡命したE.スノーデンだったからなァ^^;)
なにより、子どものころからまったく味方がいなかったリスベットという特異なキャラを演じるには女優さん、目がおっとりと優しすぎるの。もっと凶暴で荒々しい痩せた野良犬か歯をむく野良猫の雰囲気、けっして人の社会には交わらない狼のような厳しい眼だと思うのよね。リスベットって。
ダニエル・クレイグと女優さん、これ役が逆じゃない?と思ったほど。
なによりエリカが………、ないわ〜。
(個人的に「プリンセス・ブライド」のバターカップ姫のときから彼女がとても恐ろしいのでどうしようもない)
同じく好きなアルマンスキーも、いくらなんでも若すぎる。
ラストのほうもなんだかな…。マルティンのいっちゃってるあまりにもな異常さも、ぜーんぜんだし。(キス★キス★バン★バン以来、好きなのよ。スカルスガルドさん。こんな役じゃなく、テリー・ホワイトの「真夜中の相棒」のマックみたいなのがぴったりなのに!!)
「ミレニアム」についての攻防も原作だとすごくわくわくするのになァ。

と、いかんいかん。そもそも映画と小説は別物でした。どうもアホで区別がつかないわ。
今回は自分向きじゃなかった映画は忘れて、原作世界に没頭しよう!!


映画感想 | comments(0) | -
無題
寝込んでいる間に、ミッキー・ルーニーが天国に…。
そうだったのかァ…(寂)それほど作品を知っているわけではないけれど…
今頃、ジュディとお話してるかしらん。


 
雑談 | comments(0) | -
無題
丈夫なだけが趣味…いや、取り柄だというのに体調不良でエライ目に遭いました。
もし私がダニボンでも、インフルじゃあエヴァ・グリーンもオルガ・キュリレンコも助けに行けない。こんなしんどいんじゃ無理。インフル最強…と唸りながら思ったなァ。(他に考えることなかったんか)


ダーシーさんが「生きてるかー?」って電話くれても出る気にもならんほど。(電話なかったけども)

それにしても、あの原始的な鼻の奥をぐりぐりする確定法なんとかならないのかしら。現代の方法とは思えない!
(あんまり痛くて思わずお医者さんを殴り倒しそうになったもん。そりゃおチビちゃんたちは泣くわよねぇ。ま、ぐりぐりする方も大変らしいけど)

そうそう、熱望していたリッパー・ストリートのSeason2、なんと5月にケーブルでやってくれるみたいで ああ嬉しい!!!ジャクソン&スーザン、リード、ドレイクたちにまた会える!!
シャーロック3もダウントン・アビーもやるし5月が待ち遠しいわ〜♪


 
雑談 | comments(0) | -
早くみたい


5月、6月と楽しみな英・米ドラマが控えてますが、これも早く見たい。4月を乗り切らねば。


雑談 | comments(0) | -
無題


暖かくなり、猫が目に見えて元気になってきたのは良かった。



雑談 | comments(0) | -
雑談


クリミナルマインドのSeason1が未見のままだったので借りてきて見てますが、
わはは。あのモーガンがスーツ着てる〜〜〜♪(笑)
ホッチもまだ奥さんとラブラブで(涙)、ある日突然いなくなっちゃったエルもクールビューティーぶりを発揮。
リードを見守るメンバーの面々もいい感じ。(リード成長中)
第6話は、伏線の回収の仕方もよかったし、暴力VS知力の見せ方も面白かったわ〜。

ところで、モーガンは手がきれい。というか本人と合ってる。




ダーシーさんもご本人と手がよく合ってるタイプの男性だなと思うわけですけど、(↑『W.E.』)
あれ?まさか私の方が指太かったらどうしよう…(どうもせん)
ま、いくらなんでもそれはないと信じたい。(思わず拡大して比べたアホな私)

やれやれ、おなかまわりはわりとすぐひっこむのに、二の腕や指は年々逞しくなってくるのはなぜなのか。
手のレントゲンを撮ったときも、「指輪…外れます?」と遠慮がちに聞いてくださったけどもちろん無理で
「じゃ、そのままで。いえ、いいんです」って苦笑されて恥ずかしいったらなかった。
10年前は、やたら抜け落ちるんでむしろ困ってたのに。無念じゃ(T_T)



雑談 | comments(2) | -
最初の人間


『LE PREMIER HOMME』 2011年 フランス・アルジェリア・イタリア

もちろん、ガンブランを目当てに借りました。初見。

”モノを書く者は、決して死者の高みに至らない”
”俗論はこう言うでしょう。流血だけが歴史を前進させる、と。だが、作家の義務とは歴史を作る側ではなく生きる側に身を置くことです。私は固く信じます。アラブ人とフランス人が共存できることを。自由と平等な人々による共存こそが現在での唯一の解決策です”
”小説のなかにこそ真実がある。ロシアはトルストイやドストエフスキーの中にある”
”いいかね、過ちとは革命のことではなく被抑圧者が革命を諦めることだ。抑圧者の暴力が被抑圧者を生む”

”最初の入植者が来た年を?”
”1848年ですね”
”ほとんど男ばかりだった。女は用心深いが男はね。革命分子も生まれますよ”
”当時のものは(残っていますか)?”
”ここの出身ならわかるでしょう?壊して作り直す。未来を信じ、あとは忘れる。私は残りますよ。最後までね。何があろうとここでくたばる。パリの人にはわかるまい。でもそれを理解できる人間がいる”
”アラブ人”
”そう。理解できるようにできている。我々同様愚かで粗野だが、同じ血が流れている。もう少し殺し合ったり苦しめあったりすればお互い人間として暮らせる”

”分裂でなく団結せよ。しかしテロには反対だ。私は正義を信じる”


静謐さと内省と過酷な現実と現代。
カミュの死後に発表された未完の遺作「最初の人間」(ぜんぜん知らなかった)の映画化作品だそうで、
コルムリ(カミュ)に扮するガンブランと共にいろいろな言葉を咀嚼しつつ、またあれこれ考え込みつつ鑑賞しました。

が。

最後の最後になって、(え?)と。なんというか、そこだけ違和感を感じるというか。
今までの文脈とそこだけまったくベクトルが違わない??とびっくりして、突如置いてけぼりになったのでした。
友人に話したら、すぐに「もし母を傷つけたら私は君たちの敵だ、ってとこ?」と返事が。
そうです。そこです。
でも、アホだからその違和感がどういうものかを説明できない…
友人は、「なんとなくわかるよ。たぶんあたしがハンナ・アーレントの演説に感じた違和感に通じるものがあるような気がする」と言ってくれたんですけど、私がハンナ・アーレントを見てないから話にならんという(ダメダメ)

原作を読んで、この台詞がどういう文脈のなかで語られているものなのか確認してみなくっちゃ。




 
映画感想 | comments(0) | -
これも見たい


6月公開と。メモメモ。


雑談 | comments(0) | -